バイタル*なびい~
あなたの元気と健康を応援するサイト「Vitalnavi~バイタルなび~」のスタッフブログです。 日々気になる癒しと美容・健康についてお届けします。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。是非清き1票をお願いします!

プロフィール

Vitalnavi バイタルなび

Author:Vitalnavi バイタルなび
バイタルなび 》スタッフブログへようこそ!
あなたの癒し・健康・美容にお役立てください。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

バイタルなび投票箱

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーユルヴェーティックな生活~『白湯を飲む』
バイタルなびの新しいコンテンツ『アーユルヴェーダ的体質判定月』は、もうお試しになりましたか?

インドインドの伝統医学で、神秘的なイメージもあるアーユルヴェーダ。
なんと、その原点は紀元前1200年-1000年も前の古代インドの聖典
『リグ・ベータ』巻物に既に記載があるとも言われている長~い歴史から生まれたものスゴイ

india.jpg中国伝統医学(中医学)を含めた東洋医学は、その歴史や背景を知ると、
非常に奥が深く、どんどん引き込まれていってしまいます。

アーユルヴェーダについても同様で、『アーユルヴェーダ的体質判定』だけでは
語りつくせない、アーユルヴェーダに基づいた日々気軽に行える健康法をご紹介します!

高橋和巳さんの著書本アーユルヴェーダの知恵』によると、
アーユルヴェーダの理想的な生活として、下記を上げられていました。

 ・夜10時までに就寝し、朝は6時頃までに起きる。
 ・起きたら白湯、あるいは室温程度の冷水を1杯飲む。
 ・トイレに入り排便(朝食の前に自然の排便があるのが快便の条件)。
 ・洗面(洗面、歯磨き、タングスクレイパーで舌のクリーニング、
  オプションでゴマ油を使ったオイルマッサージとシャワー)。
 ・ヨーガ and/or 瞑想。
 ・朝食はとらないか、ごく軽いもの
  (体質、アグニ、アーマの状態によっては朝食は抜いてもよい)。
 ・午前中の仕事。
 ・ゆっくり、じゅうぶんな昼食を楽しむ。
  質、量ともに昼食を1日の中心の食事と考える
  (朝、昼、夜の食事の割合は1:3:2)
 ・午後の仕事
 ・夕方4時ごろ、疲れたらお茶とお菓子少しのティータイムをとってもよい
  (特にヴァータが乱れやすい人)。
 ・夕食前の瞑想。
 ・夕食は昼食よりも軽いもの。遅くとも午後8時までに終わらせる。
 ・食後5~15分の軽い散歩。
 ・就寝前の軽い仕事とくつろぎ。
 ・10時までに就寝。


こんな生活できないびっくりマークって思う方も多いと思います。

アーユルヴェーダの生活の基本は「規則正し生活と食事と睡眠」。
週に1日でも2日、または一部だけでも取り入れることで、慌ただしい毎日をリフレッシュでき、目先の健康ではなく、1~2年先の健康につながるようですわーい  
ヨカッター!

そこで、気軽に行えそうな習慣をピックアップしてみました電気

まずは、『白湯を飲むアップロードファイル
白湯はからだの中を浄化するそうです。

アーユルヴェーダでは、消化力(アグニ)の低下や、ドーシャに合わない食事などで消化や排出されなかった未消化物(アーマ)が毒素として身体に溜まっていくことで、健康を損ねると考えられています。

白湯を飲むことは、その未消化物(アーマ)の排泄を手助けします。

白湯は、沸かしただけのただのお湯ですので、最初は飲みにくいと感じる方もいると思いますが、飲み続けるうちに「おいしい!」と感じると、身体から未消化物(アーマ)が減っていった印だそうです。

むくみやくすみも取れて、スッキリしますよ。便秘の方にもお勧めですキラキラ
毎日続けてみましょう音符

次回は、『舌みがき』について、ご紹介しますね~次次次

↓こちらも要チェック!
アーユルヴェーダの受けられるスポット

参考:『アーユルヴェーダの知恵』(著者:高橋和巳/講談社)


テーマ:健康で過ごすために - ジャンル:ヘルス・ダイエット

オーガニックについて
この1年ほどで、オーガニックの素材を使用したメニューを取り入れているお店がとても多くなりました雑草
アロマトリートメントアーユルヴェーダハーブボールセラピー フェイシャルエステなど、様々なトリートメントに使用する製品以外にも、
お店で使用するフットバスやタオル、サービスのおやつカップケーキやハーブティーカップなど、こだわりのお店がたくさんあります。
このオーガニック葉っぱについて、皆さんどのように理解していらっしゃるでしょうか。

今日は、『オーガニック』についてお勉強したいと思います。

オーガニックとは、簡単に言うと「有機栽培」「有機」として広く知られていますが、
単に有機栽培だとしても、第3者である認証機関が認めなければ
有機製品、オーガニック製品とは認められない厳しい審査があるんです。

yuuki.jpg日本では農林水産省の定める「有機JAS認定」の取得が必要で、国内はもとより、海外の認証機関も数多くあります。
有機JAS認定以外に、海外の認定の場合はIFORM(国際有機農業運動連盟)に加盟する認定機関があります。

審査は良く知られているもので、
 ・3年以上農薬を使用していないこと
 ・栽培中も禁止された農薬や化学肥料を使用しないこと。
 ・遺伝子組換えの種を使わないこと。
 ・農作地は周辺から農薬などの使用禁止資材が平井、流入しないように区別されていること。
・・・などなど、さらに多くの審査基準を満たさなければ認証されません。

輸入品についても、海外の認証機関による認定だけではなく、日本での認定基準に準ずる必要があります。

このような、厳しい審査を乗り越えた製品は、利用者に安心を与えるだけでなく、
化学物質を体内にできるだけ取り込まず、健康に過ごす事や、自然環境、
働く人々にまで配慮された製品であることから、
近年、積極的にオーガニックの製品を取り入れる方が増えています。

私たちの身の回りにあるもの、例えば、石鹸や化粧品、洗剤、食材や衣服に至るまで、様々なところで、オーガニック製品を使用することができますふるーつ☆Cultivation・キラキラ星
少しでも興味を持った方、ぜひ、身近なものから取り入れてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、私は体や顔を洗う石鹸化粧品アロマオイルはできるだけオーガニック製品を選ぶようにしています。
また、ハーブティーコーヒーなど身体に入れるものもできるだけオーガニックで。
自分の好きなもので取り入れてみると、オーガニックの良さを実感できると思います。

オーガニック製品に変えてから、肌のトラブルが改善されたり、
化学成分がたくさん入った洗浄剤でなくても、きれいに掃除ができたりすることや、
余計なものが入っていないシンプルの良さを知ることができたと思います。
ハーブティーやアロマの味や香り、肌への柔らかさなどが違う気がします。
なんというか、ナチュラル。自然のままの香り、味がします。

ぜひぜひ、ご自身でお試しになって実感してみてくださいね表情1

参照:
農林水産省:有機食品の検査認証制度
有機登録認定機関一覧

テーマ:生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル:ライフ

「ガマの油」ならぬ「ガマの卵」
私は、年に何回か火傷をする。おっちょこちょいなんだろう。
今年は、夏に一度花火で火傷をした。今年の前半にも火傷をしたような気がするが、よく覚えていない。

そんな私に、義父が秘薬をくれた。花火で火傷をした時のことだ。
なんでも、カエルの卵を焼酎に漬けたものらしい。
花火の時は、時間が経過してから使用したので、痛みは消えたが、水ぶくれはできてしまった。

先日、料理の片づけ最中に、使い終わったばかりの中華鍋に触れてしまった。
手の甲の親指付近にジュ。おそらく一円玉くらいの範囲を焼いてしまった。

すぐに流水で冷やし始めるが、しばらくすると、じんじん、ひりひり。
いくら冷やしても、水ぶくれができることは明らか。
1分ほど流水を流していたら、妻がその秘薬を差し出した。
妻は間違いなくその秘薬の効果を信じている。私も一度お世話になってある程度の効果を感じているので、流水をやめ秘薬をガーゼに塗布し、火傷部分に当てた。
不思議と、痛みが消えていく。
1時間しないうちに、ガーゼは乾いてしまったので、外してみると、黒ずんでいるものの、水ぶくれはできていない。
お湯に付けると若干しみるものの、私生活には支障はない。。

火傷のエキスパートである私にも初めての経験である。

昔の人の知恵はすごいものだ。

因みに、今回は妻が風邪で伏せっており、久々に料理したことが、ことの始まり。
その妻は、熱さましにキャベツの葉を頭に乗せていた。エイリアン頭部のようで思わず笑ってしまったが、これも、昔の人の知恵らしい。

テーマ:私たちにできること - ジャンル:福祉・ボランティア

鉛が溜まっている?
東京も、ここ1週間でぐーっと寒さが増してきました紅葉
各地の紅葉も今が見ごろでしょうね山と空

さて、気が早いですが、年賀状が発売になったり、街ではクリスマスツリーの点灯式があったりと、今年も年末に向けて慌ただしくなる時期がやってきました。

今年は早めに年賀状を書くぞっ!とか、今のうちから不要な物を片付けたいっ!と
意気込んでおりましたら、ふと『デトックス』という言葉が浮かび・・・。
(「デトックス」って言葉に弱いんですよね~照れ笑い

気になっていた、最近なにかと話題の『毛髪ミネラル検査』について調べてみました。
mouhatsu皆さんご存知でしたでしょうか。
あ、毛髪が生えてくるか、こないか、という検査ではないです汗とか

これが、すごいんです。
毛髪のサンプルを取って、尿や血液検査よりも詳しく、体内のミネラルを調べてくれるのです。

・体内に有害金属がどれだけ蓄積されているか
・必須ミネラルは足りているか


自分の栄養状態を把握することによって、足りない栄養素を補ったり、有害物質を排除することで疲労・ストレスを減らし、免疫力を上げる第1歩となるのです。

今まで、多くのサプリメントを取ってこられた方も多いと思いますが、自分に必要な栄養素を知ることで、無駄を省くこともできます。

日本人は魚を多く食べる為、魚に蓄積した鉛・銅を多く溜め込んでいる場合も多いとかがーん
食べ物だけに留まらず、タバコの煙や排気ガスなどなど、私たちの住む環境には有害物質がいっぱい!
そんな、有害物質が喘息やアトピーの原因になっていることも・・・
妊婦さんやお子様をお持ちの方などは特に気になるのではないでしょうか。

病気にならない為に、健康だけど元気じゃない未病の状態から抜け出す為にも、
一度、自分の栄養状態を知っておくことはこれからの時代、
とても大切になってくると思います。

体内の鉛や銅が減れば、それだけで体重が落ちそうです(笑)うふ

ちなみに、この毛髪ミネラル検査はいろいろなクリニックや病院などでも行っているようです。
今回ご紹介したのは、郵送で検査できるという「ら・べるびぃ予防医学研究所」さんのものですが、お値段は、どこも1検査8,000~10,500円の所が多いようです。
(検査ミネラルの種類によって異なる場合もある)

人間ドックに行く時間がない方、摂っているサプリメントが効いているのかいないのか不明な方、体内からデトックスして健康になりたい方など、ぜひお試してみてくださ~いkao03


*詳しくは「ら・べるびぃ予防医学研究所」のホームページをご覧ください。

テーマ:健康で過ごすために - ジャンル:ヘルス・ダイエット

夏の疲れ?
暑いですね~

この季節、寝苦しかったり、ちょっと歩いただけでもぐったり絵
体力までも奪われていってしまします。

先日、バイタルなびにご掲載いただいている整体の先生に少しお話を聞く機会がありました。

夏は暑さのためか、体の不調を訴えて、駆け込む方が多いとのこと。
内臓の機能が低下しているため、ケアしてもまたぐったり・・ということが多いそうです。

肩こりや、だるさで辛い時には、マッサージや整体などで応急処置をするのもいいのですが、基本は「その日の疲れはその日のうちにケアすること」や、不調の原因を根本的に探り、効果的なケアをしていくことの方が大切とのことでした。

そう言われれば、私も疲れをたくさん溜め込んでから、慌ててマッサージへ・・・
なんてことも多い

暑い夏にあえて、お風呂にゆっくり浸かってみたり
ストレッチをしっかりやってみたり、体を冷やさないような食事を心がけたり等
家でできることもたくさんあるので、少しずつ取り入れてみてはいかがでしょうか。

そして、どうしても辛いようなら、やはり専門家にお願いするのが一番です。
バイタルなびでも、根本的なケアを大切にされている店舗の掲載が増えています。
今日は、そんな店舗様をピックアップしてみましたので、
何をやっても体調が良くならない、慢性的な疲労をお持ちの方は、
ご参考にしてみてくださいね。

★あんま・マッサージ のスポット
★指圧のスポット
★鍼灸のスポット
★頭蓋仙骨療法(クレニオ・セイクラル・セラピー)のスポット
★中国伝統医学(中医学)のスポット
★漢方療法のスポット

あだち整体院(京都・西京区桂春日町 )
こさきヒーリング・ワン(東京・三軒茶屋)
『痛みの専門』大有堂接骨院 (大阪・阿倍野区)
『レディース鍼灸』大有堂鍼灸院 (大阪・阿倍野区)
ixas(イグザス)鍼灸マッサーシ゛治療院 水道橋(東京・水道橋)
ixas(イグザス) はり・きゅう・マッサージ 渋谷(東京・渋谷)
ふれ愛治療院(東京・学芸大学)
菅原治療院 (神奈川・相模原市)
女性のための鍼灸 メイ治療室(東京・板橋・本蓮沼)
Ancella(大阪市淀川区・新大阪)
自然治癒力整体院 楽楽庵(千葉・習志野)
カイロプラクティック原口(東京・練馬春日町)
せん里治療院(大阪摂津市・千里丘 )

*順不同、新着・更新店舗よりピックアップしています。
お近くのスポットはバイタルなびより検索できます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。